健康志向の世の中で注目される薬膳コーディネーター

subpage1

近年、健康への関心から日々の食生活への意識が高くなってきました。

薬膳コーディネーターが知識を持つ薬膳とは、中国医学に基づいて食材と薬効成分を組み合わせたもので、健康に良いだけでなく、味や香りなど全てが揃った食養生の方法です。日本では医食同源という言葉で表現される「食薬同源」「食医同源」の思想から始まり、中国医学の発展とともに現在に至るまでに数千年の歴史があるとされています。



薬膳コーディネーターは本草薬膳学院が認定する資格で、薬膳に関する基礎知識と薬膳レシピの実践力が合格する条件になります。



資格取得までの流れとしては、4ヶ月程度の通信講座を受講し、3回の課題を提出します。

あなたに合った条件でlivedoorニュースに関する疑問にお答えします。

提出を持ってカリキュラムは修了し、薬膳コーディネーターの資格が認定されます。


具体的な試験はありませんが、確実に課題を完成させる必要があります。


薬膳コーディネーターは食事を扱うものであり、日々の生活に密着しています。


薬膳の知識を献立に取り入れたり、飲食店の健康メニュー作成に応用させることができます。

美容に関係する薬膳も多いことから女性の受講者が多いのも特徴です。
就職に関しては、調理師や栄養士などの資格にプラスして取得することで、医療機関や介護施設、飲食店や食品メーカーへの就職が有利になる可能性があります。
また、薬膳コーディネーターを取得していると本草薬膳学院への編入が可能になり、薬膳のプロとして中医薬膳師の資格取得を目指す方もいます。